施工内容

省エネ住宅

・窓の二重化など、住まいの各所の断熱効果の向上

・エコキュートなどの省エネシステムの導入

​・太陽光、風力などの自然エネルギー活用

……住宅にもエコを入れませんか?

昨今「エコ」がキーワードのように、住宅に限らず様々なエコの商品や環境が身近になってきています。

そんな中、我が家にもと導入を検討されている方もいらっしゃると思います。

何事もそうですが、バランスは重要です。機密性や断熱性を重視するあまり、通気性が悪く重たい空気が漂っている住まいが見受けられます。

住まいも呼吸が大事です。新鮮な外気を効率よく取り込むと同時に、不快な空気や熱を排出する仕組みも用意する必要があるのです。

​バランスの良い健康な住まいを維持できるようご提案いたします。

省エネ住宅

施工例

省エネ住宅 Before
省エネ住宅 After

建物が傾いて掃き出しが開閉できません

​真ん中に柱を建て断熱サッシ2枚の引違い窓に変えました

 

バリアフリー

人は誰でも歳をとっていきます。

​また、病気や不慮の事故などで身体が不自由となってしまうかもしれません。

日本も今や長寿の国となりました。その一方で高齢者が家庭内事故で毎年何千人もの方が亡くなられている事実があります。

狭い住宅事情もあり、一昔前までの住宅ではバリアフリーやユニバーサルデザインといった考え方はあまり配慮されていませんでした。

​しかし、これからは家族みんなが使いやすく、安全で優しい住まいに変えていかなければなりません。

バリアフリー

施工例

バリアフリー トイレ

トイレの拡幅

​便器やアクセサリーは再使用

バリアフリー 和室と広縁の段差

和室と広縁の段差を解消

バリアフリー 階段手摺り

階段に手摺をつけました

 

三世代住宅

これまでは核家族化の流れに押され、夫婦や親子を中心に考えた住宅が造られてきました。

しかし、時代が変わり、今は心の時代とも言われています。家族の大切さ、住宅そのものの価値といったものが見直されています。

家とは単なる器ではなく、家族の絆の源であり、教育の場であり、心と体の拠り所として家族みんなが育み、築き上げていくものであると思います。

​永く受け継がれる住宅とは、ただ単に耐久性や資産価値を高めたりするだけではなく、世代が代わっても家族に温かな幸せを生み出す場であるべきなのです。

三世代住宅

施工例

外観

約30年前に建てられた重層入母屋の風格ある民家で、両親と祖母、息子夫婦、孫の4世代が住むことに。

​そこで……

●母屋の収納庫を他へ移動し、UBを設置し間口が90㎝ほどしかなかったトイレも拡幅し引き戸に。

●母屋の一階すべての段差をなくし、床下断熱と窓を樹脂製二重サッシに。

●離れは玄関を拡げると共に小屋裏が広かったため、孫の成長を見越し夢のある二階を設置。

●パソコン机の前には滑り出しの小窓を設け、家族みんなが安心して共存できるユニバーサルデザイン化を実現。

 

シックハウス対策

自然素材が安心な理由

 

シックハウス症候群の原因とされているのがホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物(VOC等)。

これらの発生を自然素材を使用することにより抑えることで、健康面での安心感、自然素材との調和により癒し感を得ることができます。

かつて建築業界では、効率を上げるため新建材を使用しはじめ、その新建材に使う接着剤を長持ちさせるためにホルマリンや揮発性有機化合物(VOC等)など、人体に有害な物質を混入するに至りました。

どれだけ家に優しかろうと、人に優しくない建材は好ましいものではありません。

​三田工務店では、できるだけ有害な物質の混入がされていない建材を選択し、同時にそれらを発生させない工夫をした、自然素材住宅を創り上げています。

珪藻土の効用

 

・調湿効果 吸・放湿機能が大きく、ダニやカビの発生を抑止。部屋全体が結露するのを防ぎます。

・消臭効果 湿気を吸い取ると同時に、家の中の生活臭や有害成分を吸着・脱臭する働きがあります。

・耐火効果 七輪の原料としても使用されているくらい有害成分がなく、不燃性で煙も発生しません。

・自浄効果 自律的に呼吸し続けるため、半永久的に自浄作用を発揮します。

・省エネ効果 無数の気孔が空気の層となり、外気温に影響されにくく、快適な室内環境が得られます。

・遠赤外線効果 身体の組織を破壊せず細胞を活性化。岩盤浴などと同様のデトックス効果が期待されます。

​ このような効果から塗り壁で表現を工夫したり、珪藻土含有のクロスを吹き付ける工法など、比較的安価で扱いやすい仕上げ材です。

シックハウス対策 珪藻土

白洲土の効用

 

・耐火性に優れていることはもちろん、多孔質なので通気性にも優れ断熱・保湿性を高められます。

・消臭性・調湿性に優れ、マイナスイオンを安定的に生成すると言われています。

・無機質であるため安定した素材として塗り壁などに適しています。

​ 珪藻土と同様に塗り壁や吹き付け、直塗りといった工法が可能。また、断熱性に優れていることから外壁や土間などにも適しているといえます。